WiLLサイファ 下取り|早速見積もりを取ることにしました

就職も決まったので、親がクルマを買ってくれました。大学を卒業してからは、このクルマに乗って通勤しておりました。この度転勤が決まり、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

地方であれば車は、持っていないと必ず困ります。ですが交通網が整備されている都市であれば、車が仮になくってもさして生活に影響や支障が出る要素はありません。おまけに駐車場代や管理費まで考えると、生活費への負担が大きくなりそうなので今回をキッカケとして売ることに決めました。

たまたま自宅の近くに、有名な買い取り専門店の店舗があったのでそちらに車を持って行って、査定してもらいました。結果は予想をはるかに下回る金額がつけられ、思わず落胆してしまったのでそこでは保留にしておき、他で高く買ってくれるところを探そうと思ったのです。

するとネットで査定サイトがあるようなので、早速見積もりを取ることにしました。車種年式グレードなどをマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、手間や時間を節約できるから楽ちんです。そうして出た結果、希望以上の高値だった買い取り業者さんがいましたので、そこへ売却する事にしました。

複数業者に出張査定をしてもらって得た金額は大きな差がありましたので、査定比較サイトを活用してホント良かったです。交渉もできたので、期待以上の高値で買い取って頂きました。車を売却する際はぜひ、比較サイトを活用してみる事をオススメしますよ。

WiLLサイファ 下取り|消化してしまったことになります

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。家の近くの車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万とのことです。

この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年で50万円も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。それでも44万減った事実に違いないですし、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.