R1 買取価格|所有台数を減らして

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的だったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

R1 買取価格|ボディの艶を出すような

前に乗っていたのは、ボンネットの目立つ部分が白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロボロな車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定をやってもらうと、ボディの一部の色が見積もり査定額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディの艶を出すような商品がありました。さっそく気になるところをやってみたところ、驚くほどキレイになりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言われた程です。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、それまでよりもピカピカにすることが出来ました。

車買い取りを依頼する時には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額がアップすることと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを比較するなどして、得な気がしたらやってみましょう。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.