N-WGN 査定|生活費への負担が

就職先も決定したおかげで、両親から車をプレゼントされました。大学を出て勤めるようになってからは、この自動車に乗って毎日の通勤に使用していました。この度転勤が決まり、クルマの処置をどうするかで悩んでいました。

田舎であれば自動車は、必須アイテムです。ですが交通網が整備されている都市部においては、車が無くてもさして生活には支障とはなりません。車を持てば駐車場代や維持管理費を考えた場合、生活費への負担が大きくなるので思い切って売却することに決めました。

家の近くにある、大手買い取り業者さんのお店があったのでそこを訪れ、そのまま査定してもらったのです。予想を大幅に下回る価格が提示され、ガッカリしてしまったので返答を留保し一旦帰宅した上で、その他で高く買ってくれないか調べてみることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、早速査定してもらう事にしました。年式や走行距離事故歴などをマスに入れていくと、いくつかの買い取り業者が査定額を算出してくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、簡単ですし手間も大きく節約できるので便利です。そうして出た結果、想像以上の高額査定だった買い取り業者があり、そこへ売ることにしました。

ネットで査定してもらって得た金額は大きな開きもありましたので、ネットを活用してホント良かったです。交渉の結果、思っていた以上の高額で売れることができました。車を買い替えるなどあれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをおすすめします。

N-WGN 査定|以前から外国産の車に

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで手放すことになりました。近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。単純に計算すると、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらえました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売却することになった可能性があったのですから助かったともいえます。そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。ですので、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.