CX-5 査定|ボロボロの中古車に

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、白い部分が妙に目だちボロボロの中古車に感じてしまいます。一応洗車をして買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響があると言われました。

ショップに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。母親からいくらかかったと言われるくらいの仕上がりでした。

再度車買い取りの為の査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、思ったよりも高く評価されました。無論色についても何か言われることもありませんでした。白っぽく感じた色も周りの色に馴染ませられたし、今まで以上に艶やかな感じにすることが出来ました。車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すためのアイテムの費用とを計算してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

CX-5 査定|売却することを考えましたが

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を乗換のため売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、思いのほか安かったし、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になるところでした。それまで下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りは止めることにして、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからですね。ネット上では概算は判りますが、参考的なものであり確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、最高額の見積もりを出してきました。ネットでは70万を超えない価格でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.