BRZ 査定|データ通信されていました

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には今の車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

BRZ 査定|来てもらうことになった2社は

私のいるところは辺鄙な所で、クルマの買い取り専門でやっている業者がないのです。引き取りしてくれるのは、クルマのディーラーかガススタンドくらいです。

数年のった車を手放すときは、手間もないので近くのお店で査定してもらったのです。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万少々という査定額にガッカリしました。

そこで、ネットで見た中古車の査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売却することができました。複数業者の一括査定で来てもらうことになった2社は、どこもテレビCMなどでお見かけする買い取り専門業者です。所用があったため、午前と午後に分けて実車査定をしてもらったのです。

後半に来たスタッフの方が丁寧な応対ができる方で、この車のこのカラーを探している人がいるのですぐ買い取りたいとおっしゃいました。気になる査定額は40万円と10万上げてくれたので、そのスタッフさんに売ろうとすぐに決めたのです。その業者のスタッフはとても段取りが良く、輸送用のクルマのを手配して出張して来たみたいでその場で手続きをして持っていきました。手間がかかると勝手に思っていましたが、地元で手続きするより手間がかかりません。メリットとしては、手続きなどはみんなやってもらうことができ、その上相場以上の価格で、ネットの一括査定をやって本当に良かったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.