ヴェルファイア 下取り|売ることになっていた可能性もあっただけに

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で売却することにしました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、よく頑張っても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純計算では、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ることになっていた可能性もあっただけに助かりました。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もしも売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ヴェルファイア 下取り|白い部分が妙に目だち

前に乗っていたのは、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だち安っぽい感じの車に見えてしまいます。洗車をしてから査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響があるようです。カーショップに行ってボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来る商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。友人には新車にしたのかと言われました。

そこでもう一度査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、希望よりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も基の色に近づけることができ、より一層綺麗にすることが出来たのが良かったようです。クルマを売る前には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを計算してみて、お得そうだったらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/01 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.