ルークス 買取|そんなこんなと時間が過ぎたころ

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

ルークス 買取|査定の時間は1時間程度と言われたので

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっていたのです。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。それにより下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売却する話となりました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

査定の時間は1時間程度と言われたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.