ラティオ 下取り|所有する車の台数を減らして

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが素人には今の車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

ラティオ 下取り|クルマを持って帰るような

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、半年50万程度も消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていたかもと思えば助かります。そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.