プログレ 買取|当初は76万円の業者1社に

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になるところでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトには少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、一番高い金額を出してくれました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、78万弱までアップしてくれました。

プログレ 買取|海外で活躍するのかもしれないなと妄想すると

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。思った以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。ネットで調べてみたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、もしかして海外で活躍するのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。平和な日本では、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/01 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.