プレオ 買取|日本の中古車は世界一と

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べてみたところ、そこにある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で買い取ってもらえるとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。私が思うに、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。この日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

プレオ 買取|ですが喜びもつかの間

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。ですが、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放すことになりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

このクルマを私は6カ月前に70万出して買いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ってしまうことになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.