フォレスター 売却|初めてやることですから

これまで使用していた車を売却することになりました。私は車を買い替える時は下取りを依頼すればよいと思う以外発想がありませんでしたが、他にも方法があるらしいと教えてもらいました。それが車買い取りでした。

初めてやることですから、抵抗感もありました。ネットで検索しながら、やっていきました。まずは人気のありそうな複数の業者に申し込めるサイトを見つけだすために、そこを見つけて、そこから査定依頼をしました。その結果を見て、どこの業者に出張を依頼するかを家族で相談したのも覚えています。

何度か両親が車を買い替えている様子は見てきたので、どれくらいの交渉の後で売っていたのかは知っていました。私が使っていた車の年式や車の使用状況を考えても、それほどは高く査定してくれないと考えていましたが、実際には違いました。思っているよりも遥かに査定額となっていたからです。

もし下取りを選んでいたらどんな結果になるのか、ディーラーまで行って聞いてきました。その査定額は、いくつかの買い取り業者と同じような査定額でした。しかしそれ以上の査定額で買い取ってくれそうな業者もありましたので、その買い取り専門店に引き取ってもらうようにお願いしました。

初挑戦のことでしたが、順を追ってやっテイクだけで、申し込み手続きもやることができました。比較したので高く買ってもらう事ができた関係で、次の車に買い替えるときの出費も抑えることができたので私としても満足できました。

フォレスター 売却|査定を依頼したところ

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。私は半年前にその車を70万出して買いました。単純に計算すると、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.