ハナテン 買取|約70万で購入したのです

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

ところが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。近くにある車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。単純計算では、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらったのです。その結果、26万円で買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売却するはめになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような感じではありませんでした。そのため、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ハナテン 買取|気にしていたあの部分も

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定に持って行った所、ボンネットのところの色が査定金額に影響があると言われました。

カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るような商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。隣のおじさんには新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための無料査定を受けたところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く評価されたので良かったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも基の色に近づけることができ、今まで以上に綺麗にすることが出来ました。車買い取りを依頼する時には、できるだけボディを綺麗にしておきたいですね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップと輝きを出すための手間などを比較するなどして、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.