デミオ 下取り|比較した査定をすることで

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。ですが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で手放したくなりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純計算では、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却するはめになった可能性があったのですから助かります。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。その為、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

デミオ 下取り|今どこを走りどこにいるのかなど

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかして外国かもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいと思っている人がいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。豊かな日本において、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.