ゼスト 下取り|妄想する楽しさもあります

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。そのサイト以外では、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人特有の、大切に扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

今回売った車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を妄想する楽しさもあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ゼスト 下取り|最高額の業者にそのまま依頼しなかったのは

この前初めてネットの車買い取りサイトを使って、10社と比較検討してみました。毎回いつもの業者に売っているので、高値で買ってくれているものだと勘違いしていました。しかし実際に査定を複数もらって理解できましたが、毎回お願いしているお店は相場以下だったのです。それ以上高く買ってくれるところはないと豪語していたので意外でした。今までは相場で売却できれば大成功だと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。今回売ったクルマの相場は約50万だったのですが、比較査定をして一番高い提示額は70万円と提示してくれました。ソコソコの値段であれば問題ないと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは安くはないというだけです。

見積もり比較をして最高の業者は70万で、2番の業者は68万という額でした。3番目は57万と、差があったので、上位2つの業者に出張見積もりをお願いしたのです。最高額の業者にそのまま依頼しなかったのは、複数の業者に競わせないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。ネットの情報でも、最低でも2社とは比較するのがコツと書いてありました。

実際に出張査定してもらいましたが、70万と出していた買い取り業者は62万程度の査定額になりました。手入れが悪いとの理由でしたが、8万の差は驚きです。そして68万円を提示してくれた業者は、68万でいいよと言ってくれたのです。結局当初は第二位だった業者が最高額を出してくれて、その業者に売却することになったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.