ゼストスパーク 買取|目標だったので

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。この車は新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

ゼストスパーク 買取|よく見かけるような車や

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種が高値で売れるとあったのです。それは海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/01 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.