ストリーム 査定|中古車屋さんで見つかりました

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で買い替えを考えました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万が上限とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純に計算すると、半年間で約50万も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。それでも44万減った事実に変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却することになっていたかもと思えば助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ストリーム 査定|そこに持ち込んで

仕事先が決まったお祝いとして、親がクルマを買ってくれました。仕事に行くようになってからは、このクルマに乗って職場へ通勤していました。先日本社への転勤が決まり、車をどう扱ったらよいかを頭を悩ませてしまいました。

地方において車は、必要なものであります。ですが交通網が整備されている都市部においては、車が仮になくってもさして生活には支障が出るとは思えません。車を所有すると駐車料金や維持管理費用もあるので、生活費への負担が重くなりそうなので思い切って売却して貰う事にしたのです。

家の近くにある、車買い取りショップのお店があったのでそこに持ち込んで、査定見積もりをしてもらいました。結果驚くほど安い価格が提示され、ガッカリしてしまったので返答もできずに帰宅したあと、もっと高く買ってくれるところがないかを探そうと思ったのです。

するとネットで査定できるようなので、査定を依頼してみました。年式や走行距離事故歴などを入力し検索すると、厳選された複数の買い取り業者が概算の見積もりを教えてくれます。一括査定出来るので、簡単ですし手間も大きく省けるので便利です。調べた結果、希望以上の高値だった業者さんがいたので、そこへ売ることにしました。

ネットで査定してもらってもらった金額とは大きな差がありましたので、ネットを活用してとても助かりました。交渉の甲斐もあって、相場よりも高い値段で買い取って頂きました。車を売却することがあれば、査定サイトを使うことをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.