スターレット 下取り|妄想する楽しさもあります

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。但しその理由は特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。外国なのかもしれませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が求めている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

スターレット 下取り|昔からスポーツタイプの自動車に

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

ところが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、せいぜい20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。単純に計算すると、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却することになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/01 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.