クエスト 買取|ノート型のパソコンを使って

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ただ素人の私には今の車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

クエスト 買取|やめる方向とし買い取り専門店に

新型の発売に合わせて、所有している自動車を売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、車買い取り業者と比較しても15万くらい安くなっていました。

今までは下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

車買い取りサイトで比較してみたところ、査定額にものすごい差がありました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、確定の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。査定の結果、概算査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、5万以上高い業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.