キックス 買取|比べてみたいなと思いました

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し送信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

キックス 買取|国産のクルマは海外で特に高い需要があります

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは海外向けとのことでした。国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。外国なのかもしれませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時には複数の車を売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。日本では、これからもまだ使える車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.