カローラレビン 下取り|利用したことがありませんが

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売ることになりました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額が判ります。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してくれました。ネットでは68万円という金額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

カローラレビン 下取り|ワクワクした気持ちになりました

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、ある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と思っています。今回売った車も国産車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.