エクストレイル 査定|それからしばらくして

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には乗っている車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

エクストレイル 査定|中古車を購入したい

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そこの情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこであっても可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.