インプレッサ 査定|比べてみたところ

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万円以上も安い額になるところでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売ることになりました。クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万円まで増額してくれたのです。

インプレッサ 査定|いくつか入力してから

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからネット通信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/01 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.