アリスト 買取価格|自分の乗っていた自動車の

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

アリスト 買取価格|ネットで調べると一括査定サイトがあったので

就職が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。仕事に行くようになってからは、買ってもらった車に乗って職場へ通勤していました。この度転勤が決まり、車をどう扱ったらよいかを困っていました。

地方であればクルマは、必須アイテムです。しかし公共交通機関の整備されている都心部においては、車は持っていなくてもさして生活に影響や支障といったことは無いでしょう。それ以上に駐車場のことや維持管理まで考えると、金銭的な負担が大きくなりそうなのでこれをきっかけに売ることに決めました。

たまたま自宅の近くに、中古車販売のチェーン店があったのでそちらに車を持って行って、査定してもらいました。予想を大幅に下回る価格が提示され、思わず落胆してしまったので返答もできずに帰宅したあと、その他で高く買ってくれないか調べました。

ネットで調べると一括査定サイトがあったので、査定を依頼してみました。年式や走行距離事故歴などを入力していくと、複数の業者が表示され概算査定額を教えてくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間や時間を大きく省けるので便利です。そして調べてみた結果、一番の高値を提示してくれた買い取り業者さんがいましたので、そこへ売ることにしました。

複数業者の査定を受けたので売れた金額は大幅に差があったので、査定比較サイトを活用してホント良かったです。交渉したので、思っていた以上の高額で買ってもらえました。自動車を売る場合があれば、無料の査定サイトを活用することをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/04/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の査定を依頼するときは一括査定がおすすめ All rights reserved.